野球肘について

野球肘はスポーツ障害の1つで、投球動作により生じる肘関節痛の総称です。子供が発症しやすく、野球経験のある小学生ではおよそ20%が野球肘になっています。

野球肘の原因

1番の原因はオーバーユースによるもので、ボールを何度も投げると肘に過度な負担がかかり、骨や靭帯が損傷します。肘の外側が痛む場合は、骨同士がぶつかり骨や軟骨が損傷することが原因です。特に子供の頃は骨に多くの軟骨成分が含まれているので損傷しやすく、野球肘に子供が多いことと深い関係があります。

肘の内側が痛む場合は、内側の靭帯や骨が損傷していると考えられます。成長期に多くみられ、誤ったフォームでリスクが高まります。下半身の筋肉が不足し手投げしたり、関節が硬くて体を上手く動かせないなどがあります。

野球肘の症状

症状については投球中や投球後の痛み、肘を曲げ伸ばしがスムーズでなくなるなどが代表的です。軽度だと投球動作ではないバッティングなどでは痛みを感じません。

症状が悪化するにつれてバッティングでも痛みを自覚し、治療に専念する必要が出ます。痛みは感じないけれど、投球時にボールが抜ける感覚があり検査すると野球肘だったというケースもあります。

野球肘でお悩みの方は当院にお任せください

野球肘は痛みを我慢して投球を続けても改善はみられません。当院ではテーピング治療や各種固定法を駆使して、急性疾患からスポーツ障害まで幅広い柔軟な治療を実施しております。

大好きなスポーツを長く続けるためにも、肘に痛みを感じたら高見整骨院にご相談ください。

 

当院について

治療コンセプト

治療に理論を

人体が左右非対称であることをご存じでしょうか?呼吸が人間にとって最も大切な行為であるように、不調の原因を知ることはとても大切なことです。

治療理念

私たちは人間の身体に段階的なアプローチが必要であると考え、機能的動作(基礎筋力など)を前提条件とし、要求される動作パターンの強化などを行い、患者様の治療に理論を持って臨ませていただきます。

 

高見整骨院のお問い合わせはこちら!

北九州市八幡東区 高見整骨院

〒805-0015
福岡県北九州市八幡東区荒生田2-3-3 1F

ご注意
電話予約

WEB予約
診療時間
午前 8:30 – 12:30 ×
午後 14:30 – 20:30 ×

※土曜日午後(▲)は14:30 – 18:00の診療となります。

※祝際日午前(●)は8:30 – 12:30の診療となります。(祝日の月曜はお休みになります)

診療時間

午前  8:30 – 12:30
午後 14:30 – 20:30

休診日

日曜日 祝日の月曜

※土曜日午後は14:30 – 18:00の診療となります。

※祝際日午前は8:30 – 12:30の診療となります。(祝日の月曜はお休みになります)

Google Map

Google Map

のりさだ整骨院 店舗一覧はこちら

店舗一覧
高見整骨院
ご予約・お問い合わせ
  • 初回予約
  • 再診予約