腰椎分離症について

腰に現れる障害や症状には様々なものが挙げられますが、その1つに腰椎分離症と呼ばれることがあります。

腰椎の後方部分には椎弓と呼ばれる骨がありますが、この部分が分離した状態が腰椎分離症です。

腰椎分離症の原因

一番の原因については疲労骨折であると考えられていて、特に成長期のスポーツに携わる人に多く現れる傾向にあります。

腰椎の後ろ部分にある椎弓はリング状の形をしていて、その一部分は細く弱い部分に当たります。背中をそらしたりジャンプから着地をするなどの動作により力がかかり、このような動作が繰り返されると、骨にヒビが入り疲労骨折となるのです。

すべての人が分離症につながるわけではなく、体質も1つの要因とされています。

腰椎分離症の症状

具体的な症状については主に腰の痛みとなりますが、その程度は段階により大きく異なります。

発生段階では腰を反らしたときに痛みを感じ、スポーツをしている最中や終わった直後に腰痛を自覚します。完全に骨が折れ、痛いのにそのまま放置していれば分離が完成し、治りにくい状態になってしまいます。

ひどくなると長時間座ったり立っていたりしても症状を自覚することになり、歩いている時にも症状が出てくることがあります。

最初のうちはただの疲労骨折と思って放置する方もいますが、時間とともに状態が変わり治療法も大きく異なります。できるだけ早めに治療を始めることをおすすめします。

腰椎分離症でお悩みの方は当院にお任せください

当院ではカウンセリングでお身体の状態を見極め、お一人おひとりに合った治療を行います。腰椎分離症は高見整骨院にご相談ください。当院のスタッフが全力でサポートいたします。

 

当院について

治療コンセプト

治療に理論を

人体が左右非対称であることをご存じでしょうか?呼吸が人間にとって最も大切な行為であるように、不調の原因を知ることはとても大切なことです。

治療理念

私たちは人間の身体に段階的なアプローチが必要であると考え、機能的動作(基礎筋力など)を前提条件とし、要求される動作パターンの強化などを行い、患者様の治療に理論を持って臨ませていただきます。

 

高見整骨院のお問い合わせはこちら!

北九州市八幡東区 高見整骨院

〒805-0015
福岡県北九州市八幡東区荒生田2-3-3 1F

ご注意
電話予約

WEB予約
診療時間
午前 8:30 – 12:30 ×
午後 14:30 – 20:30 ×

※土曜日午後(▲)は14:30 – 18:00の診療となります。

※祝際日午前(●)は8:30 – 12:30の診療となります。(祝日の月曜はお休みになります)

診療時間

午前  8:30 – 12:30
午後 14:30 – 20:30

休診日

日曜日 祝日の月曜

※土曜日午後は14:30 – 18:00の診療となります。

※祝際日午前は8:30 – 12:30の診療となります。(祝日の月曜はお休みになります)

Google Map

Google Map

のりさだ整骨院 店舗一覧はこちら

店舗一覧
高見整骨院
ご予約・お問い合わせ
  • 初回予約
  • 再診予約