手根管症候群について

手関節の症状の1つに手根管症候群と呼ばれるものがあります。

手根管症候群の症状

具体的な症状については、初期には人差し指や中指にしびれ、痛みなどが発生します。最終的には親指から中指、薬指の半分までの3本半の指に痺れが生じることが多いです。

急性期にはしびれや痛みが明け方に強く表れ、目を覚ますと手がしびれたり痛みが生じます。手を振る、指を曲げ伸ばしするなどするとしびれて、痛みは楽になる傾向にあります。

場合によってはこわばりが見られることもあります。ひどくなると人差し指の付け根の部分がだんだんと痩せてきて、OKサインのように丸を表すことが難しくなります。

手根管症候群の原因

手のひらの付け根には手根管というトンネルがあり、その中には正中神経が通っていますが、そのトンネルが何らかの理由で狭くなると正中神経が圧迫され、血流の悪化によりしびれや痛みが生じます。

突発性が一番多いとされその中でも妊娠出産期、また更年期の女性に多く見られます。骨折や怪我、仕事やスポーツで手を使いすぎる、また病気によって透析をしている人などにも現れることがあります。

手根管症候群でお悩みの方は当院にお任せください

症状が悪化すると、ボタンをかけるなどの細かい作業が困難になり、日常生活にも大きな支障をきたします。当院では丁寧なカウンセリングと検査でお身体の状態を把握し、豊富な治療メニューの中から最適な治療法で改善に導きます。痛みやしびれを感じたら、高見整骨院へご相談ください。

 

当院について

治療コンセプト

治療に理論を

人体が左右非対称であることをご存じでしょうか?呼吸が人間にとって最も大切な行為であるように、不調の原因を知ることはとても大切なことです。

治療理念

私たちは人間の身体に段階的なアプローチが必要であると考え、機能的動作(基礎筋力など)を前提条件とし、要求される動作パターンの強化などを行い、患者様の治療に理論を持って臨ませていただきます。

 

高見整骨院のお問い合わせはこちら!

北九州市八幡東区 高見整骨院

〒805-0015
福岡県北九州市八幡東区荒生田2-3-3 1F

ご注意
電話予約

WEB予約
診療時間
午前 8:30 – 12:30 ×
午後 14:30 – 20:30 ×

※土曜日午後(▲)は14:30 – 18:00の診療となります。

※祝際日午前(●)は8:30 – 12:30の診療となります。(祝日の月曜はお休みになります)

診療時間

午前  8:30 – 12:30
午後 14:30 – 20:30

休診日

日曜日 祝日の月曜

※土曜日午後は14:30 – 18:00の診療となります。

※祝際日午前は8:30 – 12:30の診療となります。(祝日の月曜はお休みになります)

Google Map

Google Map

のりさだ整骨院 店舗一覧はこちら

店舗一覧
高見整骨院
ご予約・お問い合わせ
  • 初回予約
  • 再診予約